カードヒーロ考察

高速カードバトル カードヒーローの特殊なカードの使い方を考えてみよう という自己満足のブログです^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

雑記

今日は
誰も聞いていないのに
管理人が次に買うゲームの話題でもします☆

スマブラX?   いいえ

世界樹Ⅱ?   いいえ

MHP2G?   いいえ

『ソーマブリンガー』です


これはDSで2/28発売となる
任天堂の本格派A・RPGです

開発はモノリスソフト

音楽はクロノシリーズ・ゼノギアスで知られる光田康典さんによる全曲作曲

となっており
RPG分野が課題の任天堂が傘下におさめたモノリスからの初タイトルだけに
任天堂も本気だと思います

早期購入特典は
光田氏によるプレミアムミニサントラです
装着率は30%ほどらしいので
特典が欲しい方は予約を急いでください^^

普段はこの手の特典を付けない任天堂が
今回、特典を付けているという点から見ても
任天堂の本気が伺えるのではないでしょうかww

私は
どのゲームがよく売れるのかという直感は持っていませんが

どのゲームが私を楽しませてくれるのかという直感はよく働きます


7年前(もう8年前になるかな?)にカードヒーローを
見つけた時の今回のような直感が働きました♪

ですので
当ブログに訪問してきてくれるような
カードヒーローマニアな皆さんで
A・RPGも好きだというような方は
私と趣向が近いかもしれませんので
チェックしてみてはいかがでしょうか?

公式サイトはこちら
http://www.nintendo.co.jp/ds/ybsj/index.html

熱血定員さんによるレポートを読みたい方は
続きを読むをクリック☆
任天堂総合スレより

  こちらのレポートは、すべて私が直接調べた、あるいは担当者の方の発言からまとめておりますことを
 予め申し上げておきます。
 また、開発用のROMでプレイしているため、製品版と内容が異なる場合もございますので、
 その点は予めご了承下さい。

以下「続きを読む」より

 ・30fpsで、画面切り替えの読み込み無し、タッチペン操作も一切無し。
  DSのタイトルとしては珍しく(しかも任天堂製で)、すべての行動をボタン操作だけで行いますが、
  これはプレイアビリティを重視した結果だそうです。
 ・背景は2D、キャラは3Dとなっています。
 ・ゲーム内の音楽は、すべて光田康典氏が担当。
 ・表パッケージのバックはブルーのラメ仕様となっています。
  (裏はシルバーのラメでしたが、製品版パケでは変更の可能性もあり)

 ・使用キャラクターは初プレイ時には、初期ステータスで攻撃力が高いキャラ、射撃に長けたキャラ、
  魔法が得意なキャラ、万能型キャラ、器用さのあるキャラなどの7人の候補の中から1キャラを選択。
  また、クラス(職業)は6種類あり、デフォルトでも7キャラ×6クラス42通りのキャラメイクを行うことが可能。 

 ・この手のゲームとしては珍しくセーブデータは8つもあり、これは色々なやり込み要素に対応させるためだそうです。
  (例えば全キャラで一通りクリアしたデータをすべて残しておけるとか)
  尚、セーブはイベントシーン以外なら戦闘中でも街の中でもどこでもセーブできます。
 ・ゲーム構成は章仕立てで、シングルプレイを普通に1周クリアするだけでも数十時間のボリュームがあり、
  詳細はお話しできませんが、クリア後のお楽しみが非常に多数揃っているそうです。
  また、クリア後もキャラをとことんまで強くできるなどのやり込み要素もあるようですね。
 ・キャラのカスタマイズの自由度がすこぶる高く、また、すべての武器や盾に固有グラフィックがあります。
 ・一度訪れた街やクリアしたダンジョンにも自由に戻ることができます(例外もあり)

 ・ストーリー本編とは別に独立したイベントの「クエスト」があります。 
 ・ストーリーは、どのキャラを選んでも基本的に一本道ですが、キャラごとの極めて些細なイベントの違いは
  あるそうです(ただ、ストーリーの本筋には一切関係はないそうですが)

 ・シングルプレイもマルチプレイも常時リアルタイムに動いており、ゲーム内容的に非常にネトゲを意識した
  つくりになっていると感じました(私的にはディアブロやPSOに非常に似ていると感じましたが)
 ・ワイヤレス通信のマルチプレイでは最大3人まで協力プレイができます。
  マルチプレイは親機と子機の設定があり、シングルプレイと内容がリンクしていて(内容はシングルと一緒)、
  基本は親機がシングルプレイで進んでいるところまで遊べるようですが、仮に子機側で、まだ親機のところ
  まで進んでいない場合は、子機ではそれ以上先には進めないようになっています。
  (どこまでシングルプレイをクリアしたかのフラグ管理をしているため)
  ただ、仮に親機も子機も一度でもエンディングを見ていれば、極端な話、ゲームの最初から最後まで
  すべてマルチプレイで進めることも可能です。
  尚、マルチプレイ時のセーブは、親機子機とも誰かがセーブしたり、切断したりしたら、その場で
  「セーブしますか?」という表示が出て、そこまでの状況を保存できるようです。
  (※マルチプレイについては確定仕様ではないため製品版では変更することもあるそうです)

 ▼キャラクターメイキングの流れ
  ・バトル操作キャラ選択
   ↓
  ・クラス(職業)選択
   ↓
  ・初期武器選択(※Yで武器の動作確認をすることができます)
   ↓
  ・CP(キャラクターポイント)振分
   ↓
  ・名前の設定(※自由に名前を変えることができます)
   ↓
  ・上記項目の最終確認画面が出てキャラメイク終了
 ▼クラスの種類(使用武器)と特徴(※クラスの説明はゲーム内コメント原文ママ)
  ★バトラス(片手剣・両手剣・二刀剣)
   ・HPが最も高く、近接攻撃が得意な万能クラス。
   ・己の能力を強化する特技を修得する。
  ★コーアス(片手剣・槍)
   ・盾の特技を使用でき、攻撃、防御共にバランス良いクラス。
   ・光魔法で、味方に支援効果をもたらす。
  ★ダークス(両手剣・槍)
   ・闇魔法で攻撃したり、弱らせる事が可能。
   ・自らのHPを削った強力な攻撃や回復もこなすことができる。
  ★ガンナス(弓・銃)
   ・遠距離攻撃が得意。
   ・罠による仕掛けや状態異常攻撃を修得。
   ・攻撃やサポートを幅広くこなす。
  ★カンプス(格闘・二刀剣・両手棍棒)
   ・近接攻撃が得意な強力アタッカー。
   ・クラス特技であるコンボを使い、様々な強力技を生み出す。
  ★ソーマス(杖)
   ・魔法のエキスパート。4属性の魔法を操る。
   ・強力な範囲攻撃で敵を一網打尽にする。
  ※ガンナスは同じ遠距離武器でも修得する特技能力は他のクラスと全く異なるそうです。

 ▼武器の系統と種類について
  ・片手剣
  →剣・斧・棍棒の3種
  ・両手剣
  →大剣・大斧・大槌の3種
  ・二刀剣
  →剣・斧の2種
  ・槍
  →ランス・スピアの2種
  ・格闘
  →ナックル・カタール・バグナウの3種
  ※それぞれ両手別々に装備可能
  ・両手棍棒(1種)
  ・弓(1種)
  ・銃(1種)
  ・杖(1種)

 ▼ゲームシステム関連
 ・レベルアップするとCP(キャラクターポイント)3ポイントと、AP(アビリティポイント)3ポイントを獲得し、
  それらを自由に振り分けることが可能となっていて、自分の思い通りにキャラを育成することができます。
 ・CPは「腕力」「魔力」「体力」「器用さ」の4つにポイントを振り分けることができます。

 ・APは各クラスが扱うことのできる武器の「アビリティ(特技)」に振り分けることができます。
 ・アビリティとは、各武器系統固有の特技で、APを割り振ることにより、修得・強化することができ、
  現在のところ、1つのアビリティは「99」まで強化できるようです(製品版では変更の可能性あり)
 ・APは一度振った割り振りを任意に解除し、新たに割り振りをやり直すことも可能。

 ・アビリティ攻撃はSP(ソーマポイント)を消費して使用しますが、アビリティ攻撃が当たらないとSPは消費しません。
 ・SPは歩きながらでも微妙に回復します(アイテム等でも回復可)

 ・操作系統ではABXYの4つのボタンに基本攻撃やアビリティ攻撃、使用アイテムなど自由にアクションを割り振ること
  ができ、また、ABXYの4つのボタンは「バトルモード」と「ポケットモード」の2種類のアクションパレットがあり、Lボタン
  でパレットを切り替えるのですが、オプションでLを押すごとにバトル←→ポケットに切り替わる方式と、Lボタンを
  押している間だけポケットモードになる2種類を選択することができます。

 ・ゲームの基本的な流れは、「本部からの指令」→「目的地に移動」→「街等で情報収集」→「ダンジョン探索」
 →「ボス等を倒して目的達成」となっているようです(例外あり)
 ・敵が現れていないフィールド上では、マップ全体を見渡せるように大きくカメラが引いた状態となっていて、敵との
  戦闘が始まると、カメラが自動でズームアップしますが、カメラの自動ズーム機能はオプションでONOFF可能です。
  尚、ダンジョン内ではセレクトでカメラのズーム具合を5段階に変えることができます。
 ・シングルプレイでも基本的に3人PTとなり、仲間2人は自由に選ぶことが可能で、AIで各キャラは自動行動しますが、
  大まかな行動パターンを設定することはできるようです。
 ・同一の敵にダメージを与え続けると「!」「!!」「!!!」と順番にマークが出て「!!!」からさらに攻撃を与えると
  「BREAK」が発動し、この間は敵が動きを止めて無抵抗状態となり、連続攻撃を叩き込めるようになりますが、
  この「BREAK」発動時に打ち上げ属性の攻撃を行うと敵を打ち上げ、コンボを入れることができます。
 ・敵の攻撃の出掛かりをこちらの攻撃でツブすと「S-BREAK」となり、与えるダメージの増加、打ち上げの高さや
  ノックバックの距離などが通常のブレイク以上の効果を出すことができます。
  尚、「BREAK」「S-BREAK」は、味方にも発動します。
 ・ボスを倒した後に、ボスから出たアイテム等の取り逃しが起こらないように、イベントに入る前には
  「イベントに入りますか?」という確認メッセージが出ます。
 ・街やダンジョンには転送ポイントがあり、一度でもそのポイントを起動させておけば、本拠地からその場所まで
  瞬時に移動できます。
 ・宝箱の中には複数のアイテムが入っていますが(お金+アイテム数個など)、アイテムが持ちきれないときは、
  「転送」というコマンドを選んで、本拠地に送り、あとで取り出すことができます。


  システム的なレポートは以上となりますが、私がこの『ソーマブリンガー』を触ってみて一番印象に残ったのは、
 "アクションRPGとしての隙がない(見えない)"ということでした。
  プレイヤが自由にカスタマイズできるキャラや、それと連動したアビリティシステム、固有グラフィックのある武器と盾、
 DSにも関わらずタッチペンを使わない操作方法、コンボ攻撃を前提としたバトルシステム、個性的且つ、
 活き活きとしたキャラクター、そして、クリアしてからもキャラの育成を楽しめるやり込み要素の充実度など、
 "アクションRPG"としてのおもしろさを非常に上手く昇華し、本当に細かいところまでつくり込まれていることが
 実際にプレイしてよく分かりました。

 また、この『ソーマブリンガー』は全くの新規タイトルということと発売時期の関係などから、恐らく初回出荷は
 そんなに多くはないと思われますが(任天堂のプロモーションにもよると思いますが)、もし、私のレポートをご覧に
 なって興味を持たれた方などは、是非とも、この新しい"アクションRPG"の息吹を体験していただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------

以上が熱血定員さんのレポートです
当初は帰るのが遅くなるので商談会当日には
レポートは書けないと言っていたのですが
あまりに感動したらしく当日にこの量のレポートを
書いてくださったそうです
熱血定員さん、お疲れ様でした
スポンサーサイト
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第1回交流会 | HOME | 考察6>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。